女性歯科医師の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 顎関節症ってどんなもの?

<<   作成日時 : 2008/02/22 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

一般に、顎関節症というと、「あごの関節が痛い」、「あごの関節がカクカクする」などの症状を想像されると思います。顎関節症はちょっと複雑なので、話が長くなります。

あごの開閉運動と物を咬む運動は、
@「頭の骨」と「下あごの骨」
   その間でクッションの役割をする「関節円板」の3つで構成される顎関節
A下あごを支える筋肉
B上下の歯の咬み合せ
で制御されています。(まあ、神経系統はおいといてください)

もともとの歯並びや、骨格に問題がある場合だけでなく、
虫歯を放置したり、歯が抜けたままになっていたり、
歯ぎしりやくいしばり、片方でばかり咬む、
お口の中の問題だけでなく、姿勢がよくない、疲労や過剰なストレス・・・

ほんとうにさまざまなことが原因で上記の@ABに大きな負担がかかっていることがあります。ヒトの体はある程度適応能力があるので、しばらくは症状が表に出ないのですが、許容量を超えてくると、音や痛み、運動障害という症状が現れてきます。これを総称して顎関節症といっています。

筋肉の痛みは、筋肉痛としてだけでなく、患者様の中には肩こりや頭痛といった表現をされる方もおられます。

顎関節では口の開け閉めのときに「コキッ」という音がしたり、痛みがあったりします。「突然口が開かなくなる」という方もたまにおられます。
このとき関節ではクッションの役割をしている「関節円板」が傷ついていたり、位置がズレたりしています。
関節を構成する骨が磨り減ってしまっていることもあります。

治療は筋肉や関節をリラックスさせ、安静にすることです。
薄いプレートを作ってはめていただいたり、器械で低周波の刺激を与えることもあります。

大きく口を開けるとき、音がして面白いからと「コキコキ」鳴らすことは自分で関節を痛めているようなものです。絶対にやめましょう。

今回は少し長くなりました

おがた歯科医院
http://www5b.biglobe.ne.jp/~ogata-dc

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
顎関節症。ガッ君のブログ
顎関節症で悩むOLの日記。治るまで書き続けますです。 ...続きを見る
顎関節症。ガッ君のブログ
2009/06/07 05:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
顎関節症ってどんなもの? 女性歯科医師の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる