女性歯科医師の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さい虫歯も定期健診

<<   作成日時 : 2009/11/11 10:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近良く経験するのが、小さい虫歯に見えるのに歯の中ではかなり進行しているという症例です。
乳歯でも永久歯でも良く経験します。

日常生活でフッ素化合物に接する機会が増えて、確かにエナメル質が強化され
虫歯になりにくくなっています。

ですが、エナメル質の下にある象牙質は強化されているわけではないので、
虫歯がエナメル質を突き破って進行すると、
歯の中で気がつかないうちに大きな虫歯になってしまっているのではないか
と勝手に想像しております。

実際、虫歯の穴は見えず、歯と歯の間にフロス(糸ようじ)が引っかかる程度、
でも冷たいものや甘いものがとてもしみるという症例でレントゲンを撮影すると
歯の内部が黒く映っている。(虫歯は健康な部分に比較して黒く映ります)
しかも神経の近くまで虫歯が進行していて、神経を取る必要がある。
ということがここ最近多いのです。

似たような症例で、「突然歯が割れました。」と来院される患者さん。
痛みも無く、虫歯も見えなかったのに、食事中突然歯が欠けて
見てみたら外側のエナメル質だけ残って中身は虫歯のためにゴムのように
柔らかくなってしまって・・・

虫歯を予防するためにフッ素はとても有効です。
しかし、見えない虫歯の進行を早く見つけて、治療を最小限で抑えるためには
一年に一回、レントゲンを撮影することも有効なのではないか・・・
最近思うことです。

最近、ブログの更新をさぼってしまいました。
またこれから頑張ろうと思いますのでよろしくお願いします。

おがた歯科医院
http://www5b.biglobe.ne.jp/~ogata-dc

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小さい虫歯も定期健診 女性歯科医師の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる